道具紹介

「ジャグリング」と言っても、使用する道具は多岐にわたります。
一つの道具を極める人もいれば、いろんな道具を楽しむ人もいます。では早速どんな道具があるのか紹介してみましょう。
見学に来てくだされば私たちの道具をお貸ししますので、興味をもたれた方はぜひ見学にいらっしゃってください!
あなたにピッタリの道具がきっと見つかりますよ!!

ジャグリングの王道 「ボール」

誰もがジャグリングと聞いてもっとも思いつきやすいものがボールではないでしょうか。

そんなボールもさまざまな種類があり、お気に入りのボールをさがす楽しみもありますし、自分用のボールを自作することも出来ます。

物を投げるトス・ジャグリングの代表格であり、他のトス・ジャグリングに通じる技が多く存在します。

少ない個数で技を極める楽しみもありますし、個数を増やすことに挑戦する楽しみもあります。

ザ・大道芸 「クラブ」

ボールに並んで思いつくであろうこのボーリングのピンのような棍棒「クラブ」。

大道芸で見たことがある人も居るのではないしょうか。
ボールの要素に道具自体の大きさや回転が加わるため見た目も難易度もボールより高くなります。
しかし、これらの要素から生まれるダイナミックさはそのままクラブの魅力ともなっています。

十八番の箱 「シガーボックス」

「見たことはあるんだけど、何て名前なんだろう?」そんな人も多いのではないでしょうか?

トスジャグリングと異なり、一つ一つの技が完成されており空中で次々と箱が入れ替えられていく様子は圧巻です。

技が決まる度に独特な心地よい音が響きます。
難しい技をスタイリッシュに成功させたときの達成感、会場の一体感は一頻りです。

台湾発祥の中国ゴマ 「ディアボロ」

先端同士が紐でつながれた2本のスティックをつかって、お椀を2つくっつけたような形のコマを操ります。

流線的な動きや直線的な動きが変幻自在に空中に現れる様子は不思議でもありますし、

次々に繰り出される技の数々はとにかくカッコいいです。

 

魔法の棒 「デビルスティック」

ハンドスティックと呼ばれる2本の棒を両手に持ち、センタースティックと呼ばれる長い棒を操ります。
「あれどうやって浮いてんの?」「紐ついてんじゃないの??」
初めてデビルスティックを見たひとは口々にこう言います。しかしタネも仕掛けもありません。練習あるのみです!
上手くなればセンタースティックの代わりに傘やホウキを使ったりと、応用の効く道具でもあります。

 

マオリ族の祭具 「ポイ」

他の道具と明らかに一線を画するこの道具はポイと呼ばれています。写真のように道具を振り回すジャグリングをスイングジャグリングと言います。

紐の先にボールが付いており、それぞれハンドル部分を両手に持って振り回します。(周囲に注意)

先端に火を点けれるようなポイもあり、ファイアーパフォーマンスにも用いられます。

ポイを両手に華麗に舞うその様子はジャグリングでありながら同時にダンスのようでもあり、とても美しいです。